2018年05月18日

ネパール1stフラッシュ入荷しました!

 今シーズンも待望のジュンチヤバリ茶園 ネパール1stフラッシュ入荷致しました。
詳細なテイスティングレポ―トは後日別記事にてお案内致します。

◆ヒマラヤン・オレンジ(Himalayan Orange:HOR)
160516_3_HOR_1_01.JPG
160516_3_HOR_2_01.JPG
ヒマラヤン・オレンジは伝統的な製法で作られた端正なネパールティ。
最大の特長は春摘みならではのフレッシュで青々とした爽快な風味
また品種からくる柑橘を思わせるの香りがカップから立ち上ってきます。
ライトな味わいですが、お茶のとしての甘味も充実しており、満足感も抜群です。
熟成も見込めるので、秋口を越えた頃の柔らかな甘味も楽しめるでしょう

◆ヒマラヤン・スプリング(Himalayan Spring:HSP)

160516_3_HSP_2_01.JPG
160516_3_HSP_1_01.JPG
初春にのみ作られるこのヒマラヤン・スプリングは、可憐な花束を思わせるフラワリーな香気
また新芽からくるやジューシーな旨味はこのシーズンならでは。
口当たりはフルーティで、余韻には柑橘やハーバルな風味も楽しめます。

◆ヒマラヤン・インペリアルブラック(Himalayan Imperial Black)

DSC_0100_01.JPG
DSC_0102_01.JPG
このインペリアルブラックは、とろりとした蜜の様な味わいの茶葉に強い焙煎を施すことでビターチョコの様な風味を持たせました
春摘みらしいジューシーな旨味も豊富で、その旨みと蜜の風味、ビターチョコの風味が相まってまるでブランデーの様なコクのある甘味が堪能できます。
少し勿体ない気もしますが、ミルクティも格別で魅惑的な味わいに心満たされるでしょう。

◆ヒマラヤン・ホワイト(Himalayan White)[白茶]

160516_3_HW_2_01.JPG
160516_3_HW_1_01.JPG
ヒマラヤン・ホワイトはその年の一番初めの新芽で作られる『白茶』
芯芽のみで作られる稀少なお茶で、柔らかな甘みと繊細な旨味が堪能できます。
ティーポットで淹れるのも美味しいですが、蓋碗や耐熱のグラスで淹れて上澄みの繊細な風味を啜り飲むのも美味です
また緑茶の様に低温で淹れるのが基本ですが、少量の熱湯をさっと注いでから低温のお湯を注ぐことでキレのある爽快な香りが堪能できるでしょう。

◆店頭、ならびに一芯二葉webショップでも販売中です。
アイスティでも美味しい春の息吹を是非ご堪能ください!
【一芯二葉webショップ:http://issin-niyo.shop-pro.jp/】
posted by 一芯二葉 at 21:22 | TrackBack(0) | 新茶入荷情報
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183263208

この記事へのトラックバック