2016年12月17日

福袋予約受付終了しました

 先日予約受付を開始しました福袋ですが、本日ご注文が予定量に達しましたので先ほど完売とさせていただきました。
未定ではございますが、取りまとめましてお茶の在庫にまだ余裕がある様なら店頭、もしくはwebショップにて販売させていただきます。
posted by 一芯二葉 at 18:46 | TrackBack(0) | 新茶入荷情報

2016年12月14日

いろいろお茶の福袋web予約受付開始!

 本年も残すところあと僅か。年の瀬でどたばたと忙しい日々を送っております。

◆さて年末年始恒例の恒例の福袋ですが、webショップでの予約受付を開始致しました。
161214_福袋ポスター_web受付.jpg

161214_福袋ポスター.jpg
【一芯二葉webショップ・トップページ:http://issin-niyo.shop-pro.jp/】

◆◆◆◆◆一芯二葉年末年始恒例の福袋です◆◆◆◆◆
紅茶、台湾茶、日本茶などがランダムで入っています。1点1点中身が違いますので、開けてのお楽しみです。新年お迎え用のお茶にいかがでしょうか?

※数量限定の為、予定数量に達し次第完売になります。
※年末よりご注文順に随時発送致します。当店は二人で細々と営んでいるお店です。大変恐縮ですが商品到着までのんびりお待ちいただけると幸甚です。
※日付指定は【1月7日】以降の日時より承ります。
※1月3日以降にご注文の場合は、通常通りご注文日より5日後以降の日時で承ります。

※特別価格品の為、簡易包装でお送りいたします。
※5千円の福袋は特別価格品の為、送料割引の対象外とさせていただきます。他商品とのまとめ買いで送料無料になる場合は、受付後改めて合計金額をご連絡いたします。
※1万円の福袋は送料無料商品です。この商品以外にご注文いただいた場合、同梱の上お届けいたします。合計金額は受付後改めてご連絡いたします。


注意書きが多くて申し訳ございません。
上記しておりますが、すべて二人で手作業にてご用意しているお品です。
お届けまでは日数を頂戴すると思いますので、
大変恐縮ですがのんびりお待ちいただけますと幸甚です。
お早目に欲しいお客様は日時指定しない方が早く届きます。
もしくは店頭にてお求めいただければと存じます。

◆店頭でも準備出来次第販売致します。
ご用意出来次第改めてご案内いたします。
店頭販売は年内最終営業日の12月29日までの予定ですが、数量に余裕があれば年始初営業の1月14日〜16日あたりにも販売しようかと思っております。
posted by 一芯二葉 at 22:51 | TrackBack(0) | 新茶入荷情報

2016年12月10日

12月10日(土)放送・有吉くんの正直さんぽ:追記

 本日放映されました『有吉くんの正直さんぽ』に一芯二葉が登場しました。
思いのほか長く映っていたので、びっくり。
ほぼノーカットです。
こちらで”2016年12月24日 10時29分”まで見られる様ですので、
宜しければ見逃してしまった方はご覧になってみて下さい。
西荻の魅力も伝わってきてとても面白かったです♪
【有吉くんの正直さんぽ 西荻窪編:http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/variety/ser2298/】
posted by 一芯二葉 at 20:47 | TrackBack(0) | お店からのお知らせ

2016年12月09日

12月10日(土)放送・有吉くんの正直さんぽ

 放送直前になってしまいましたが、
明日12月10日(土)12時から放送の『有吉くんの正直さんぽ』に一芯二葉がちょびっと出演します。
有吉さんとゲストの方が、ワーッと来てワーッと帰って行かれました(笑)
数分程度かなと思いますが、ご興味おありの方はぜひご覧ください。
一芯二葉以外にも、色々と面白い西荻のお店が紹介されていると思います。
posted by 一芯二葉 at 13:21 | TrackBack(0) | お店からのお知らせ

2016年12月08日

後藤製茶さん初訪問!

 先日豊橋は後藤製茶さんの所を訪問してまいりました。

和紅茶好きの中にはご存知の方もいらっしゃるかとお思いますが、尾張旭で行われている和紅茶フェスティバルにてグランプリを2年連続受賞された”後藤潤吏”さんのいらっしゃる茶園です。
一芯二葉では、2014年より一般に流通していない研究用の素晴らしい紅茶を取り扱わせていただいております。
緑茶品種を6種MIXした複雑でフラワリーな香りの紅茶や、手摘み手揉みで極少量しか作られない品種物の紅茶などなど。
稀少なグランプリ受賞茶を入荷した時は、あっという間に完売致しました。
個人的な好みでもありますが、これまで飲んだ和紅茶の中でそのクォリティはずば抜けており、日本で最高の紅茶を作る職人のお一人かと思っております。
151112_手摘み手揉み_1.JPG151112_手摘み手揉み_4.JPG
ちょうど今年の製茶をすべて終えられたとのことで、
お声かけいただいて初めての茶園訪問となりました。
新幹線で豊橋に着くと、後藤潤吏さんがお迎えに来て下さいました。
いつもありがとうございます(笑)
茶園は思いのほか近くて駅から30分ほど。
さっそく茶畑を見せてもらいました。
DSC_0025.JPG
DSC_0020.JPG
DSC_0015.JPG
DSC_0023.JPG
あさつゆ、やぶきた、とよか、べにふうき、等々たくさんの品種をお持ちです。
先々代のおじいさまが割とフリーダムに品種ものを植えたらしく、幾畝かごとに別品種の茶畑になっているのだと説明されました。パッと見は素人目にはわからないですね。
お茶の花も少しずつ見た目や香りに違いがあります。
爽やかだったり、フローラルだったり。
DSC_0002.JPG783.JPG
せっかくなので、お茶の種もいただいてきました。
DSC_0003.JPG
どの茶樹も剪定し終えたところで、来年芽吹くまでしばらくお休み。
例年は11月中には作業を終わらせるそうなのですが、今年は予定が押して12月までかかってしまったとのこと。
DSC_0004.JPGDSC_0022.JPG
そういえば、たくさんの蜂が飛んでいました。
お茶の花の蜜は美味しいのでしょうか?
791.JPG
お茶の苗も沢山ありました。
DSC_0049.JPG
DSC_0048.JPG
優良種は増やしていつか美味しいお茶になるのでしょうか?

お茶以外にも色々育てているそうで、みかん、くるみ、枇杷、グァバ、大根、バジル、ハーブなどなど80種以上もあるそうです。
DSC_0032.JPG
DSC_0041.JPG
DSC_0042.JPG
お昼もご馳走になったのですが、そこでも自家製のお野菜が。
お茶以外もとっても美味しいです。

お昼休憩を挟んで、手揉み茶の実演をしていただきました。
今回は”ゆたかみどり”と”べにふうき”
どちらも10月に摘んだものを冷凍保存した茶葉です。
808.JPG809.JPG
まずは”ゆたかみどり”
袋から取り出してしばらく常温解凍。
程よい温度になったら揉捻開始。
DSC_0065.JPG812.JPG
台湾茶の手揉みに似て、茶葉に不要な傷がつかない様に柔らかく揉んでゆきます。
後藤さん本人にしか分からない触感、香りになったところで揉捻終了。
かごに軽く固めて発酵に移ります。
DSC_0061.JPG
続いて”べにふうき”
ここでちょっとした驚きがあるのですが、茶畑を見学していた時に香ったべにふうきのお茶の花と同じ香りがします。
後藤さんも仰っていたのですが、お茶の花の香りから引き出せる香りが分かる……かも?
と、揉捻を終了してこちらも発酵に移ります。
815.JPG
この時の気温は15度でしたが、発酵が進むにつれて少しずつ茶葉の温度が上がってきます。
測った限りでは、内側の茶葉は20℃を越えました。
発酵時間は茶葉の香りを見て判断します。
発酵が進むにつれ、どちらも花の様な香気成分が強くなってゆきます。
ゆたかみどりに関しては萎凋後柑橘系の香りが出てくるタイミングで、べにふうきに関しては、花の香りの前に出てくるエビ様の甲殻類の香りの所で次の工程に入ると美味しいお茶に仕上がるのだとか。
べにふうきは今回、いきなり花の香りが強く出てきたため、どこまで発酵させるか判断が難しかったようです。
817.JPG
発酵を終えましたが、どちらも青々しい見目の微発酵。
ダージリン1stフラッシュより更に青いですね。
818.JPG
819.JPG
続いては火を入れて発酵を止めます。
極少量の茶葉なので、ホットプレートを使用。
烏龍茶で言うところの殺青ですが、後藤さんによると香りの立ちをシャープにする目的があるのだそうです。
さっと火を入れ、焦げてしまう前に取り上げます。
これが不十分だと生っぽい味わいに、長ければ不要な香ばしさが出てしまいます。
824.JPG
最後に乾燥機にかけます。
DSC_0072.JPG
DSC_0068.JPG
点火!
DSC_0070.JPGDSC_0071.JPG
40分ほど乾燥させて出来上がり♪
DSC_0077.JPG838.JPGDSC_0080.JPG
出来立ての紅茶を早速試飲です。
ワクワクしますね。
DSC_0076.JPG
※写真は別の紅茶を淹れている所で茶液が赤いです。
 今回のお茶は透明感のある黄檗色でした。

おくゆたかの方は緑茶感を残した品の良い風味。
和紅茶ならではの爽快な味わいです。
840.JPG841.JPG
べにふうきの方は揉捻時に感じたあの花の香りと、ほのかなメンソール香を感じます。
芯芽の特有のこってりとした甘味もある個性的な紅茶に仕上がりました。
843.JPG842.JPG

この様に日々時期を変え、品種を変え、萎凋時間を変え、揉捻の強さを変え、発酵度を変え等々、何年も研究を重ねた成果がお茶の味に出ているのかと思うと、感慨深くなります。
今年のテーマは『どこまで発酵を引っ張ればおいしくなるか』だったそうで、結果は散々だったとのこと。手摘みの貴重な茶葉を失敗も恐れず良いお茶づくりの為に使用し、試行錯誤を繰り返すその姿勢には頭が下がる思いです。
この日はお茶の木を育てる大変さなどもお聞き出来たので、これまで以上に心を込めてお茶を点てなければと改めて思った次第です。

この他にも研究中の紅茶や烏龍茶、製茶指導も兼ねてブラジルで作ってきた紅茶等、製品として表に出てくることのない様々なお茶試飲させていただきました。
茶園に直接伺うとネットで調べたり、人づてに聞いたのでは分からない部分が体験できるので、とても勉強になります。
今度伺う時は製茶をさせていただこうかなぁ、と思っていたりします。

終電ギリギリですが、後藤さん親子と1枚。
本当にお世話になりました。
DSC_0083.JPGDSC_0084.JPG
posted by 一芯二葉 at 21:07 | TrackBack(0) | 一芯二葉のよしなしごと

2016年12月02日

年末年始の営業につきまして

 年末年始の営業につきましてご案内致します。
年内は”12月29日まで営業”年始は”1月14日より営業”
12月29日は18時閉店(L.O 17:00)とさせていただきます。
茶葉や雑貨の販売は18時までです。

また12月28日、29日の喫茶でご提供するフード類は”スコーンのみ”となります。
ドリンク類の提供は通常通りです。
DSCF5011.JPG

◆12月29日(木):18時閉店(L.O 17:00)
◆12月30日〜1月13日:冬季休業
◆1月14日(土):通常営業
posted by 一芯二葉 at 17:23 | TrackBack(0) | お店からのお知らせ