2016年10月26日

10月29日(土)開店時間変更

 今週末の10月29日(土)ですが、器買付けのため開店時間を変更させていただきます。
ギリギリのご案内になってしまいまして大変申し訳ございません。
恐縮ではございますがご理解の程よろしくお願い申し上げます。

10月29日(土) 13:00〜20:00(L.O 19:00)
posted by 一芯二葉 at 20:44 | TrackBack(0) | お店からのお知らせ

2016年10月15日

新茶入荷状況その3

 最後にネパールジュンチヤバリ茶園の旬の夏摘みです。

8/8入荷
≪ジュンチヤバリ茶園の夏摘み紅茶≫
◆ネパール2ndフラッシュ ハンドロールドヒマラヤンティップス(HRHT:Handrolled Himalayan Tips)

160203_9_HRHT (4).JPG
160203_9_HRHT (6).JPG
ジュンチヤバリ茶園が誇る手摘み手揉み紅茶・HRHT。
今回入荷したのは種から育てたクローナル種の茶樹から作ったという極めて珍しい稀少ロット
通常のジュンチヤバリ茶園のHRHTは、挿し木で増やした比較的チャイナキャラクター(中国種)が色濃く出るクローナル種を使用する為、果実味とフラワリーな風味が両立した芳醇な紅茶が出来上がります。
対して今回入荷したロットはチャイナキャラクターはほとんど見受けられず、ピュアなクローナルキャラクターの紅茶に仕上がっています。
クローナル種特有のフルーティな飲み心地で、柑橘系やパッションフルーツを思わせる果実味と溢れる様な爽快な香気
旬の紅茶らしいジューシーな旨味もあり、滑らかでありながら濃厚な余韻が楽しめます。
HRHTは春夏秋と3シーズンで作られそれぞれの特長がありますが、その中でもさらに特徴的で出会うことの少ないロットだとおもいます。
私もジュンチヤバリ茶園のHRHTを12年程飲んでおりますが、もしかしたら初めての味わいかもしれません。
近年日本でもファンの多いジュンチヤバリ茶園の紅茶ですが、まだ見ぬ味わいをお探しの方にもお勧めです
≪一芯二葉webショップ販売ページ≫
http://issin-niyo.shop-pro.jp/?pid=107198720


◆ネパール2ndフラッシュ ヒマラヤン・シルラ(HSL:Himalayan Silla)
160203_9_HSL (2).JPG
160203_9_HSL (4).JPG
毎夏に作られるこのヒマラヤン・シルラは、中程度の発酵を施した烏龍茶の様な紅茶
ロットによって微妙な違いが出るのですが、今回の物は黄桃系の甘露な甘味と香りを持っています。
フルーティでありながら舌の上にはねっとりとした濃厚な甘みを残し、芳醇な桃香がふんわりとまぁるく余韻を楽しませてくれます。
もしお菓子と合わせるのなら、フルーツケーキやそれこそ水菓子とお上がりになるのがお勧めです。
また食後でしたら是非お茶だけでお楽しみください
お茶菓子なしでもその甘い風味が満足させてくれることでしょう。
≪一芯二葉webショップ販売ページ≫
http://issin-niyo.shop-pro.jp/?pid=107198584


◆ネパール2ndフラッシュ ヒマラヤン・ブラック(HB:Himalayan Black)
160203_9_HB (6).JPG
160203_9_HB (4).JPG
台湾は花蓮縣瑞穂の蜜香紅茶を参考にした、華蜜の風味が楽しめる夏摘み
重発酵、重焙煎によるビターチョコを思わせる香ばし甘い味わいが魅力です。
ストレートティも美味ですが、ミルクティも抜群に美味しいです
香ばしい風味と華蜜の味わいが利いてとどことなくココアを思わせるようなミルクティに。
チョコレートケーキやナッツ系のお菓子と相性がいいでしょう。
面白い所ではあんこ系の和菓子と合わせるといつもとは違うお茶の時間が楽しめます。
≪一芯二葉webショップ販売ページ≫
http://issin-niyo.shop-pro.jp/?pid=107198525


◆ネパール2ndフラッシュ ヒマラヤン・オレンジFTBOP(HOR:Himalayan Orange)
161014_FTBOPHOR (1).JPG
161014_FTBOPHOR (2).JPG
伝統的なネパールティであるヒマラヤン・オレンジ。
オレンジの名を冠する通り、品種特有のオレンジっぽい風味と柔らかな甘味が魅力です。
比較的すっきりとした味わいで、ミルクティ、アイスティでも楽しめるオールマイティな紅茶
名前にあるFTBOPはファインティッピーブロークンオレンジペコーの略。
ブロークンでもカットした茶葉ではなく、通常ロットのHORを篩い分けし一番下に残る細かいグレード(サイズ)の茶葉です。
同時期に作られるHORのBOPをいくつか合わせたもので、シーズナル期に何ロットか作るそうです。
その為そのシーズンのHORの出来不出来によって味わいが決まります。
今季のジュンチヤバリの夏摘みは豊作の年で、どの紅茶も作柄が良く、このFTBOPも非常に良い出来です
実は私このお茶の存在を知らなかったのですが、ジュンチヤバリ茶園オーナー・ローチャンギャワリ氏に「日本のお客様の為に普段使いで買えるようなお茶はありませんか?」と問い合わせたところ、このFTBOPを紹介されました。
「普段使いで」と言っても十分にシーズナルティとして特別な味わいを持ったこのFTBOP。
初めてのジュンチヤバリ紅茶としてもお勧めです。
≪一芯二葉webショップ販売ページ≫
http://issin-niyo.shop-pro.jp/?pid=107198317
posted by 一芯二葉 at 02:08 | TrackBack(0) | 一芯二葉までの道のり

新茶入荷情報その2

 つづいては宮崎県山のお茶いろいろ。

7/25入荷
◆【宮崎】五ヶ瀬1stフラッシュ〜萎凋みなみさやか〜

161014_五ヶ瀬みなみさやか (2).JPG
161014_五ヶ瀬みなみさやか (1).JPG
お茶好きの方ならご存知ではないでしょうか、五ヶ瀬は宮崎茶房の1stフラッシュです。
こちらの茶園では色々な品種で紅茶を何ロットも作られます。
中でも今シーズン非常に出来の良かったみなみさやか種の紅茶サンプルをふたつテイスティングし、個性的な甘い香りと爽快な風味を持つ本ロットを譲って頂きました。
乾燥茶葉の段階で既にかしわもちの様な面白い香りを放っています。
また発酵度は非常に浅く、一見して紅茶とは思えません。
淹れてみると水色の黄色みが強く台湾烏龍の様な雰囲気
名前にもある『萎凋』の通り、花の様な萎凋香も芳しく好ましいです。
味わいは台湾烏龍に紅茶のコクを足した様なまろやかな甘味でいっぱい。
浅い発酵からくる爽快な青い風味はそのままに、個性豊かなキャラクターを持つ紅茶に仕上がっております。
同茶園の他ロットとも、他産地の和紅茶とも違う味わいを是非ご堪能下さい。
≪一芯二葉webショップ販売ページ≫
http://issin-niyo.shop-pro.jp/?pid=108271413


◆【宮崎】五ヶ瀬包種茶〜一番茶たかちほ〜

161014_五ヶ瀬包種茶 (2).JPG
161014_五ヶ瀬包種茶 (1).JPG
今シーズン初めて五ヶ瀬紅茶を仕入れてみようとテイスティングした中で、紅茶でないのに完全に惚れ込んでしまったお茶がこの五ヶ瀬包種茶です。
包種茶とは台湾は文山地区で作られる緑茶に近い爽やかなお茶。
近年主流の青い台湾烏龍茶とほぼ同系統の味わいで、日本では便宜上『烏龍茶』と称されることも多いですが、厳密には『烏龍茶』とは成り立ちの違う為『包種茶』と現地では区別されています。
このお茶も包種茶を名乗る通り青く爽やかな風味で、旬のお茶らしいふくよかな旨味に溢れています
萎凋香も上手く引き出しており、文山包種のジャスミン系の香りに対し、こちらはキンモクセイとスズランを足したような優しく甘い香り
また文山包種とは異なり、緑茶品種らしい心地よいキレを持っています。
耐杯も利きますので、1煎ごとの変化を楽しむのも良いでしょう。
緑茶でもない、烏龍茶でもない、日本産包種茶の逸品です!
≪一芯二葉webショップ販売ページ≫
http://issin-niyo.shop-pro.jp/?pid=108271512


◆【宮崎】[特級]華香萎凋ほうじ茶〜一番茶たかちほ〜

161014_五ヶ瀬花焙じ茶 (2).JPG
161014_五ヶ瀬花焙じ茶 (1).JPG
焙じ茶でありながら、烏龍茶の様な花の芳香を放つ稀有な逸品
一番茶の摘採後、そのまま茶樹を放置しておくと切断面が酸素とふれあい酸化発酵が促されます。
すると茶樹の状態でありながら、華やかな萎凋香が漂い始めるそうです。
もし雨が降ったりすればたちまちその香りも薄まってしまうでしょうし、刈り取るタイミングを誤ればその風味は損なわれることでしょう。
絶妙なタイミングで刈り取り、低温で優しく焙煎を施して作られたのがこの作品です。
低温で焦さず焙煎するため、ほっくりとしたほのかな香ばしい甘味があり、ジューシーな果実味も感じられます。
最大の特長はやはり萎凋香で、華やかな香りは焙じ茶とは思えない程。
熱々の熱湯で淹れることで香ばしい風味と濃厚な甘味が引き出されます。
また水出しで軽めに淹れてあげると香ばしさはそこそこに、逆に華やかな萎凋香が引き立ち、フルーティな味わいが楽しめます
焙じ茶と言うと日常茶のイメージですが、特別なお客様に出しても喜ばれる素晴らしい作品に仕上がっています。
≪一芯二葉webショップ販売ページ≫
http://issin-niyo.shop-pro.jp/?pid=108271477
posted by 一芯二葉 at 01:30 | TrackBack(0) | 新茶入荷情報

新茶入荷情報その1

 夏頃より多忙につき、入荷したものの店頭販売のみでご案内出来ていなかったお茶が沢山ございます。遅ればせながらwebショップにて販売も開始致しましたので、改めてご紹介させていただきたいと思います。

まずは国産紅茶の紹介です。

6/27入荷
◆【沖縄】沖縄べにふうき紅茶

〜国産紅茶グランプリ金賞・準グランプリダブル受賞者作品〜

161014_沖縄べにふうき (2).JPG
161014_沖縄べにふうき (1).JPG
和紅茶ブームですが沖縄の紅茶を飲んだことのある方はまだまだ少ないでしょう。
この紅茶を製茶された方は、昨年尾張旭で行われた国産紅茶グランプリで金賞と準グランプリをダブル受賞された金川製茶の比嘉竜一氏。
以前入荷したこともある同コンテストでグランプリを受賞した後藤潤吏氏の紅茶が私の知る限りで日本最高峰だと思っておりますが、この比嘉さんの紅茶もとても素晴らしい作品です。
手揉み紅茶と言っても一朝一夕で出来る物ではなく、端的に言っても発酵ムラが起こらない様にすべての茶葉を均一に揉捻する技術が最低条件。
さらにはイメージするお茶に仕上がる様に、その日の湿度や気温等々に合わせた調整が必要です。
しかも研究熱心な方で、昨年段階で賞を受賞するレベルにあったものを一度忘れ、今年また一から製茶方法を見直すという職人気質。
美味しくないわけがありません。
昨今日本の茶農家さんで多く作られるようになったべにふうき紅茶。
茶園ひとつひとつに個性がありますが、この沖縄べにふうき紅茶も是非おためしくださいませ。

≪一芯二葉webショップ販売ページ≫
http://issin-niyo.shop-pro.jp/?pid=108269884
posted by 一芯二葉 at 01:10 | TrackBack(0) | 新茶入荷情報

2016年10月10日

一芯二葉のハロウィンプレート

 ご案内遅くなってしまいましたが、今年もハロウィン限定メニュー提供開始しております。

一芯二葉のハロウィンプレート
160929ハロウィンプレート_3.jpg

まずはみんな大好き『かぼちゃのモンブラン』
DSC_0914_01.JPG
昨年好評だったものを改良してみました。
ベースのスポンジもふんわりした物に変更し、グランマニエで優しく風味付け。
自家製すもものプリザーブで酸味を加え、コク甘のかぼちゃクリームに対してアクセントに。
DSC_0925_01.JPG
こってりしすぎず優しい甘さの一芯二葉らしいケーキに仕上がったと思います♪

昨年はケーキだけでしたが、今年は見た目も可愛いプリンも。
『ハロウィンお化けのミルクプリン』
DSC_0920.JPG
濃厚系のケーキに対してほのかな甘みとつるりとした触感をお楽しみいただけます。
頭にはココアクッキーのお帽子をかぶって貰いました。
ざっくり食感&ココアを利かせたほろにが甘いクッキー。
ちなみに帽子を脱いでもらうとヘー○ルハウスみたいになって可愛いです(笑)
DSC_0921_01.JPG

ケーキ、プリン、クッキーと3つの美味しさが楽しめる10月限定メニューです。
残り3週間ですが、宜しければ秋の味覚を味わいにいらして下さいませ。
posted by 一芯二葉 at 20:51 | TrackBack(0) | 新メニューのご案内