2022年05月13日

ネパール1stフラッシュ 入荷しました

 ネパールはジュンチヤバリ茶園から春の新茶が届きました。

【一芯二葉webショップ:http://issin-niyo.shop-pro.jp/】

◆ネパール1stフラッシュ ジュンチヤバリ茶園
ヒマラヤン・ホワイト[優雅]
Himalayan White [HW]

220511_3_HW_優雅_1 (2).JPG
220511_3_HW_優雅_2 (2).JPG
ヒマラヤン・ホワイトはその年の一番初めの最上の新芽の芯芽で作られるネパール産の『白茶』!。
『白茶』とは茶葉の芯芽(ティップ)だけを使い、発酵、揉捻は行わず、摘んだ茶葉を萎れさせ、その後乾燥させて完成と言う、極めてシンプルな工程で作られるお茶です。
その為、使用する茶葉の品質がダイレクトに味わいに影響します。
ジュンチヤバリ茶園では先述の通り、最上の茶葉でのみ作られています
また芯芽のみで作られる為、極めて生産量の僅かなお茶で、柔らかな甘みと繊細な旨味が堪能できます。

今年は5ロット程作られましたが、こちらは「華やかな香り」と言う点において、間違いなく今シーズンのNo.1ロットです。
非常に香りが豊かで、繊細で淡い風味の中に新緑のフレッシュさとレモンの様な爽やかな香気が楽しめる上質な作品になっています。
味わいは発酵させていないにも関わらず無駄な青さはなく、むしろ瑞々しさに満ちたフルーティな甘味
名前に「優雅」とつけましたが、繊細優美な華やかさと風雅な趣きを感じる気品のある作品に仕上がっております。
こちらのお茶、ティーポットで淹れるのも美味しいですが、蓋碗や耐熱のグラス、お湯飲み等で直接淹れて上澄みの繊細な風味を啜り飲むのも美味です。
また緑茶の様に低温で淹れるのが基本ですが、少量の熱湯をさっと注いでから渋みが出る前に速やかに低温のお湯を加えることで、熱湯からはキレのある爽快な香りが、低温のお湯からはまろやかな甘味が引き出せます。
紅茶とも緑茶共違う特別な味わいを是非ご堪能ください。

【一芯二葉webショップ販売ページ:http://issin-niyo.shop-pro.jp/?pid=168094278】

◆ネパール1stフラッシュ ジュンチヤバリ茶園
ヒマラヤン・ホワイト[新緑]
Himalayan White [HW]

220511_3_HW_新緑_1 (2).JPG
220511_3_HW_新緑_2 (2).JPG
こちらは上記の「優雅」ともまた違ったキャラクターのヒマラヤンホワイトです。
本ロットは春シーズン、無発酵ならではの新緑の青い風味が最大の魅力。
味、香り共に心地よい青々しさが強く、その爽やかな風味とキレのある味わいに春の息吹を感じます。
中国緑茶にも通ずる様な清々しくも甘味のある味わいで、本来は淡い飲み心地のホワイトですが、こちらは充実の飲み応え。
今シーズンのホワイトの中で最も甘み、飲み応えが強く、余韻には品種特有の柑橘の様な風味もふわりと感じさせます。

【一芯二葉webショップ販売ページ:http://issin-niyo.shop-pro.jp/?pid=168149175】

◆ネパール1stフラッシュ ジュンチヤバリ茶園
ヒマラヤン・ホワイト2種セット[優雅&新緑]
Himalayan White [HW]

上記しましたヒマラヤンホワイト[優雅][新緑]2種のセットです。
ちょっとお安くなっています。

華やかな香りとレモンの様な爽やかな風味の[優雅]
清々しい青い風味と充実の飲み応えの[新緑]

【一芯二葉webショップ販売ページ:http://issin-niyo.shop-pro.jp/?pid=168149947】

◆ネパール1stフラッシュ ジュンチヤバリ茶園
ヒマラヤン・スプリング[可憐]
Himalayan Spring [HSP]

220511_3_HSP_可憐_1 (1).JPG
220511_3_HSP_可憐_2 (1).JPG
ジュンチヤバリ茶園において、1stシーズン最初期の上質な茶葉を用いて作られるのが、このヒマラヤン・スプリング。
最大の特長は、麗しい花束を思わせるフラワリーな香気
また新緑の新芽からくるジューシーな旨味はこのシーズンならでは。
1stらしい浅い発酵で、フレッシュな緑の風味も魅力です。
爽やかながら口当たりはフルーティで、余韻には柑橘やハーバルな風味も楽しめます。

こちらのスプリング[可憐]は、今シーズンの同銘柄の中で最も華やかな香りを放っていたロットで、文字通り可憐な花の芳香が艶やかに広がってゆきます。
ジュンチヤバリ茶園の茶畑の多くは同じ場所に複数の品種が植わっている為、複雑な味わい、香りを持ったお茶が産みだされるのですが、それに対しこちらは、クローナル品種の中でも特に優良品種で有名な”B157”のみを使用した単一品種ロット
ひとつの品種で作られる為、その品種の特長がピュアに現れるのが魅力です。
シーズンの初日に作られた作品で、味わいは淡く繊細。
それが却って花の香りや果実味を引き立たせ、ピュアに楽しませてくれます。
飲後には清々しい香りと共に、品の良い甘い香りが余韻に湧き上がり、スプリングと言う紅茶の魅力で癒してくれるでしょう。
暑い日にはオンザロックのアイスティの他、水出し紅茶でもスペシャルな味わいを堪能できるでしょう。
水出し紅茶にした場合には、緑の風味は控えめになり、スプリングらしい花の香りだけがぐっと引き立ちます。
飲み応えだっぷりで香り、甘みがしっかりと乗ったアイスティがお好みならオンザロック。
青味が少なく、フルーティで華やかなアイスティがお好みなら水出しがお勧めです。

【一芯二葉webショップ販売ページ:http://issin-niyo.shop-pro.jp/?pid=168074982】

◆ネパール1stフラッシュ ジュンチヤバリ茶園
ヒマラヤン・スプリング[柑橘]
Himalayan Spring [HSP]

220511_3_HSP_柑橘_1 (1).JPG
220511_3_HSP_柑橘_2 (1).JPG
こちらのスプリング[柑橘]も[可憐]と同様単一品種で作られたロットで、B157と並ぶ優良品種”AV2”を使用
”AV2”は果実味、果実香が極めて強く、この紅茶もフルーティなキャラクターが最大限に発揮されています。
浅い発酵度からくる爽やかさとレモンの様な爽快な香り
また日向夏の様な、すっきりとしながらも柔らかな甘味が堪能できます。
もちろん花の様な香りもありますが、やはり柑橘系の風味に特化した作品に仕上がっています。
渋味なく、瑞々しくジューシーな味わいがお好きな方にお勧めです。

【一芯二葉webショップ販売ページ:http://issin-niyo.shop-pro.jp/?pid=168075575】

◆ネパール1stフラッシュ ジュンチヤバリ茶園
ヒマラヤン・スプリング3種セット[可憐&柑橘&芳醇]
Himalayan Spring [HSP]

220511_3_HSP_可憐_1 (1).JPG
220511_3_HSP_柑橘_1 (1).JPG
220511_3_HSP_芳醇_1 (2).JPG
上記しましたヒマラヤン・スプリング[可憐][柑橘]に、ミニマムロットの為単品販売が難しかった[芳醇]を加えた3種のセットです。
こちらも勿論ちょっとお安くなっています。

◆ネパール1stフラッシュ ジュンチヤバリ茶園
ヒマラヤン・スプリング[芳醇]
Himalayan Spring [HSP]

220511_3_HSP_芳醇_1 (2).JPG
220511_3_HSP_芳醇_2 (1).JPG
スプリング[芳醇]は、"P312"と言うクローナルの単一品種で作られたロット。
新緑の爽やかさや花の香りに加え、とても果実香が強く、ほのかな焙煎香と相まって個性的な香りが楽しめます。
また果実味も充実しており、とろっとしたジューシーな口当たりも伴いフルーティな甘味に溢れています
渋みを一切感じさせない所も特徴。
芳醇な余韻は格別です。

華やかな香気の「可憐」
レモン系の風味が魅力の「柑橘」
果実味と個性的な風味の「芳醇」
各々のキャラクターをお楽しみください。

【一芯二葉webショップ販売ページ:http://issin-niyo.shop-pro.jp/?pid=168076272】

◆ネパール1stフラッシュ ジュンチヤバリ茶園
ヒマラヤン・インペリアルブラック
Himalayan White [HIB]

220511_3_HIB_1 (2).JPG
220511_3_HIB_2 (2).JPG
インペリアルブラック(HIB)は、とろりとした蜜の様な味わいの茶葉に強い焙煎を施すことでビターチョコの様な風味を持たせるのが特徴。
ジュンチヤバリ茶園で唯一の重発酵、重焙煎の紅茶で、台湾は花蓮縣の蜜香紅茶の作りをベースにし、それを洗練し作り上げました。
HIBは春夏秋(冬)、各々のシーズンで作られるのですが、春シーズンは極めて旨味の強い味わいが特徴。
このロットもその特徴を体現しており、濃厚な甘みとコクに加え、口当たりにとろみを感じる程の旨味が堪能できます。
HIBとしては焙煎はほどほどで、輪郭を整える程度の優しい焙煎香が甘味を引き立たせます。
味わいにはどこかベリーのニュアンスを感じる様な果実味も見え隠れしており、ブランデーの様な滑らかな甘味と相まって非常にジューシー。
コクと香ばしさを活かしたミルクティを楽しまれることの多い銘柄ですが、ストレートティでも楽しんでいただきたい芳醇な香りの紅茶です。
勿論ミルクティにすれば、他の紅茶では味わえない特別感で心を掴まれることでしょう。
青く爽やかな1stフラッシュが当たり前のこの季節において、重発酵にすることで逆に稀有な作品となっております。

【一芯二葉webショップ販売ページ:http://issin-niyo.shop-pro.jp/?pid=168217405】
posted by 一芯二葉 at 17:08 | TrackBack(0) | 新茶入荷情報

2022年04月30日

喫茶去 一芯二葉 11周年を迎えました

 ご報告遅くなりましたが、先日の4月23日で一芯二葉も11周年を迎えることが出来ました。
コロナ禍に入り喫茶をお休みにしたりと色々大変な部分もございますが、なんとかまた1年間無事に営むことが出来ました。
これもひとえにお客様方のおかげでございます。
心より御礼申し上げます。
今後もこれまでと変わらず、美味しいお茶と安らぎの時間を皆様方にお届けできるよう努めてゆきたいと思っております。

◆11周年を記念しまして、ちょっとした紅茶のセットをご用意いたしました。
211215_福袋ポスター_2.jpg
211215_福袋ポスター_1.jpg
年末年始は各国の紅茶を詰め込んだ福袋でしたが、今回は毎シーズン人気を博しております”ジュンチヤバリ茶園”の紅茶のセットになります。
春夏秋冬色々なシーズンの銘柄を、ランダムに4点ほど詰め込んだセットです。
店頭では本日発売中。
webショップでは、明日5月1日13:00発売予定です。
数量限定ですので、気になるお客様はお早めにと存じます。

【一芯二葉webショップ:http://issin-niyo.shop-pro.jp/】
posted by 一芯二葉 at 19:34 | TrackBack(0) | 新茶入荷情報

2022年02月02日

ジュンチヤバリ茶園オータムナル5種入荷

 ジュンチヤバリ茶園から届きました、新入荷ネパールオータムナルのテイスティングレポートです。
【一芯二葉webショップ:http://issin-niyo.shop-pro.jp/】

◆ネパールオータムナル ジュンチヤバリ茶園
ヒマラヤンロイヤルハンドクラフテッドティップス
Himalayan Royale Handcrafted Tips[HRHT]
〜Supreme aroma〜

220124_9_HRHT_aroma_1_01.JPG
220124_9_HRHT_aroma_2_01.JPG
HRHTはジュンチヤバリ茶園の代名詞でもある手揉み紅茶の製法を元とし、新製法で再現、洗練させた、同茶園でも特に香り豊かな最高品質の銘柄です。
ロットによってキャラクターが全く変わるのも特長ですが、このロットはフルーツの様な艶やかな甘味と香りが特に際立っています。
味わいは熟れた黄桃や柑橘を思わせる果実味に溢れ、そのジューシーな甘味が余韻に広がります。
渋味はまったく感じさせず、むしろ冷めるにしたがって凛とした華やかさが増してくるのも魅力。
旬の秋摘みらしい豊かなコクもしっかりと具え、まろやかさと柔らかな甘味、充実の滋味で飲む者を癒してくれます。
どちらかと言うとHRHTは果実味はそこそこでフラワリーなタイプが多いのですが、これ程果実味に特化し、且つハイクォリティなロットはなかなか出会えません。
ストレート向きで、渋味の無いフルーティな旬の紅茶がお好きな方へお勧めの逸品です。

【一芯二葉webショップ販売ページ:http://issin-niyo.shop-pro.jp/?pid=166226096】


◆ネパールオータムナル ジュンチヤバリ茶園
ヒマラヤンブーケ
Himalayan Bouquet[HBO]Gorgeous

220124_9_HBO_Gorgeous_1_01.JPG
220124_9_HBO_Gorgeous_2_01.JPG
ヒマラヤンブーケ(HBO)は芳しい花の萎凋香を携えた、フラワリーな香気で満ち溢れる可憐な紅茶。
「萎凋」とは、摘んだ茶葉を広げて静置し水分を抜く工程ですが、水分と共に茶葉の青い風味が抜けてゆき、内部にある花の様な香りが引き出されてゆきます
萎凋は紅茶以外にも烏龍茶等でも行う工程で、このHBOは台湾烏龍茶の萎凋を参考にしており、香りの華やかさは格別です。
ちなみにジュンチヤバリ茶園では、HBOを分類こそ紅茶ですがキャラクター的に「半発酵茶」と言う位置付けで作っています。
HBOの他にはヒマラヤンシルラ(HSL)、ヒマラヤンムーンドロップス(HMD)等があります。
HBOは、HRHT等と比べ焙煎が強め、と言う特長も持っています。
焙煎の工程があるわけではないのですが、製茶最後の乾燥の工程で温度や時間を調整し、少し火の香りを乗せる紅茶です。
そうすることで香ばしい風味と、ほっくりとした甘味が強まります。
その焙煎具合はロットごとに異なるので、ものによって控えめだったり、しっかりめだったり。

このロットは例年よりも焙煎香がやや控えめで、ほのかな香ばしさに留めて、その分萎凋からくる凛とした花の様な艶やかな香りが際立っています。
また口当たりは滑らかで、瑞々しくフルーティな甘味に富み、フラワリーな紅茶でありながら果実味も強いのが魅力。
華やかさに特化したHBOと言えるでしょう。
ストレート向きの華やかな香りの紅茶をお探しの方に一押しの作品です。
その名に冠するフラワーブーケを思わせる華々しさで、ティータイムを彩ってみてはいかがでしょうか?

【一芯二葉webショップ販売ページ:http://issin-niyo.shop-pro.jp/?pid=166226726】


◆ネパールオータムナル ジュンチヤバリ茶園
ヒマラヤンブーケ
Himalayan Bouquet[HBO]Mellow

220124_9_HBO_Mellow_1_01.JPG
220124_9_HBO_Mellow_2_01.JPG
今シーズンHBOは、2ロット入荷しました。
こちらは焙煎による風味をしっかりと利かせたタイプ
焙煎と言っても、ほうじ茶の様な焦げた感じではなく、ほのかな香ばしい風味が輪郭を作り味わいを下支えしており、また焙煎によるこっくりとした甘味も魅力。
秋摘み特有のコクも利いており、香ばしさはありながら、むしろまろやかで口当たりは非常にマイルド。
香りはもちろん萎凋による花束の様な華やかな香気に溢れ、甘く芳醇な余韻が楽しめます
その柔らかな飲み心地とまろやかな甘味、芳しい花の香気も相まってリラックスするのにぴったり
瑞々しい味わいには柑橘を思わせる果実味もあり、花の香りと果物の味わいが共に堪能できます。
さっぱりとしながらも、柔らかで優しい味わいの紅茶がお好きな方へ。

【一芯二葉webショップ販売ページ:http://issin-niyo.shop-pro.jp/?pid=166228261】


◆ネパールオータムナル ジュンチヤバリ茶園
ヒマラヤンインペリアルブラック
Himalayan Imperial Black[HIB]Sweet

220124_9_HIB_Sweet_1_01.JPG
220124_9_HIB_Sweet_2_01.JPG
インペリアルブラック(HIB)は、とろりとした蜜の様な味わいの茶葉に強い焙煎を施すことでビターチョコの様な風味を持たせるのが特徴。
ジュンチヤバリ茶園で唯一の重発酵、重焙煎の紅茶で、台湾は花蓮縣の蜜香紅茶の作りをベースにし、それを洗練し作り上げました。
このロットは焙煎をほどほどに留めた甘くフルーティな味わいで、ジューシーな旨味と元々の蜜っぽさも相まって、果実味の強いブランデーの様な味わいがあります。
春夏秋と3シーズンで作られる銘柄ですが、中でも秋摘みのロットは非常にコクが強く、焙煎は利かせながらもマイルドで濃厚な甘味。
ミルクティ向きのイメージが強いHIBですが、余韻のアロマ感は格別で、その芳醇な香りを楽しむなら是非ストレートティでお上がりになってみて下さい。
きっとご満足いただけるかと存じます。
少し勿体ない気もしますが、その重厚なボディを活かしたミルクティも勿論特別で、魅惑的な味わいに心満たされるでしょう。
ストレートティでもミルクティでも抜群の存在感を示す、旬の秋摘みロットです。

【一芯二葉webショップ販売ページ:http://issin-niyo.shop-pro.jp/?pid=166228328】


◆ネパールオータムナル ジュンチヤバリ茶園
ヒマラヤンインペリアルブラック
Himalayan Imperial Black[HIB]Rorsted

220124_9_HIB_Roasted_1_01.JPG
220124_9_HIB_Roasted_2_01.JPG
こちらのロットは上記の「HIB Sweet」に対し、王道の重焙煎タイプで、ガツンとした重厚な飲み応えと濃厚な甘味が特長。
ひとことで言い表すなら「フルボディ」ですね。
焙煎は香ばしい風味が出るだけでなく、甘味が増すのも良い所で、それでいて秋摘み特有のコクの強さがあり、香ばしさはあってもマイルドな飲み心地
甘味の奥に、ほのかに柑橘の風味が感じられるのも魅力。
香りはビターチョコ感が強く、ミルクティにすれば他の紅茶では味わえない、ココアの様な香ばし甘い味わいが楽しめます。
寒い日には、香ばし甘いストレートティで体を温めても良し、勿論ミルクをたっぷり加えたロイヤルミルクティも格別です。

ちなみにミルクティにお砂糖を加えるとコクが増して美味しくなります
絶対にノンシュガーという事でなければ、甘くならない程度の少量でもいいのでお砂糖を入れてあげると違った味わいになるので是非お試しくださいませ。

【一芯二葉webショップ販売ページ:http://issin-niyo.shop-pro.jp/?pid=166228353】
posted by 一芯二葉 at 19:15 | TrackBack(0) | 新茶入荷情報

2022年01月19日

矢部紅茶、矢部釜炒り茶入荷しました

熊本は矢部にて30年以上も農薬・化学肥料不使用でお茶を作り続ける茶農家さんの紅茶、釜炒り茶が入荷しました。

矢部紅茶 〜華蜜香〜
230117_矢部紅茶_1_01.JPG
230117_矢部紅茶_2_01.JPG
 台湾は蜜香紅茶の祖・高茶師と文山包種茶の名手・蘇茶師に製茶技術を学び、日本の地で作り上げた逸品。
その習得した製茶技術を活かすべく台湾より「揉捻機、殺青機、焙煎機」等を台湾から取り寄せ、また発酵用に自作の「発酵室」まで作り情熱を注いだ紅茶です。
旨味が強く、またお煎茶向きの品種より酸化発酵からくる香りを引き出しやすい釜炒り茶用の品種を使用。
さらりとした口当たりとほのかな爽やかさを残しつつ、渋味の無いやわらかな甘味は飲み方、飲む時を選びません。
またカップからは花蜜の様な艶やかな萎凋香が立ち上り、飲む前から楽しませてくれます。
余韻にはその花蜜の香りが甘く、伸びやかに香ってきます。
よくよく感じ取ってみれば、品種固有の爽やかな風味もアクセントに利いています。
どちらかと言うとストレート向きですが、軽くミルクを加えても面白い風味を楽しめるでしょう。

納得のいくお茶でないと世に出さないこだわりの茶農家さんであること。
またここ数年は生産量を減らしていることもあり、今では紅茶の卸しはされていない様なのですが、今回特別に譲って下さった作品です。
一芯二葉としても1年以上振りの入荷となりました。
ストレートで香り豊かな和紅茶、またオーガニックティをお求めのお客様にもお勧めです。

【一芯二葉Webショップ:http://issin-niyo.shop-pro.jp/?pid=166100757】

矢部釜炒り茶
230117_矢部釜炒り茶_1_01.JPG
230117_矢部釜炒り茶_2_01.JPG
 九州の茶農家さんなので、今では紅茶や烏龍茶作りもライフワークになっていますが、もちろん元はこちらが本職のお茶になります。
やぶきた、おくゆたか、さえみどり、みねかおり、おくみどり等、旨味の強い品種を中心に使用し、濃厚な旨味を持たせた一番茶です。
お煎茶との違いは、やはり釜で炒って作ることで放たれる「釜香(かまか)」でしょう。
艶のある甘い香りと共に、ほのかに香ばしい風味が余韻に楽しめます。
味わいは渋みを感じさせず、コクを感じる程の充実した旨味こっくりとした甘味で、飲み心地も飲み応えも最高です。
高温でさっと青い清々しい香りを引き出してもよし、低温でとろりとした甘みを楽しんでも良し、はたまた水出し・氷出しで玉露の様な味わいを楽しんでもよし。
どうやっても美味しく入ります
美味しくなく入れる方法が思いつかないくらい美味しく入ります。
煎茶とも違った、甘味、旨味、滋味に溢れる釜炒り茶を是非ご堪能ください。

ちなみに一芯二葉では、過去このお茶を使ってお茶漬けを提供していたこともあります。
オーガニックティなので茶殻をそのままぽん酢で食べたり、お浸しにしたり、つくだ煮にしたりしても美味しいですよ

【一芯二葉Webショップ:http://issin-niyo.shop-pro.jp/?pid=166097546】
posted by 一芯二葉 at 17:59 | TrackBack(0) | 新茶入荷情報

2022年01月17日

ネパールオータムナル シャングリラ

 今年最初にご紹介する新茶は、2年ぶりに入荷します「ネパールオータムナル シャングリラ」の3種。
近年注目を集めるネパールティですが、こちらはネパールの一大紅茶産地イラムが贈る逸品です。

シャングリラ シルバー
【Shangri-La Silver】

230117_シャングリラSilver_1_01.JPG
230117_シャングリラSilver_2_01.JPG
 通常オータムナルはある程度発酵させた赤い紅茶を作る時期ですが、このロットは1stフラッシュの様にほぼ発酵させずに作られたフレッシュな作品
極浅めの発酵に留めた「シルバーティップ」たっぷりの茶葉からは、澄み渡る様な清涼な風味のほか、スズランを思わせる艶やかな香気が立ち上ります。
春摘みの様な青々しさはありながらも、秋摘みらしいまろやかさもしっかりと具え、程よいキレを内包する抜群の飲み心地。
春と秋それぞれの特長を活かした面白い作品になっています。
この紅茶だけをシンプルに楽しむのもいいですが、メロン等フルーツをあしらった洋菓子や、あんこ物の和菓子等と合わせるのもお勧めです。
今は寒い時期ですが、アイスティや濃厚に淹れてソーダで割っても美味
青味の強いフレッシュさを活かした、リフレッシュするのにピッタリの可憐で清らかなネパールティです。

【一芯二葉Webショップ:http://issin-niyo.shop-pro.jp/?pid=166098147】

シャングリラ ゴールド
【Shangri-La Gold】

 230117_シャングリラGold_1_01.JPG
230117_シャングリラGold_2_01.JPG
まず目に入るのは、芯芽を中心に丁寧に製茶された美しい茶葉。
この黄褐色に輝くふわふわした茶葉が全て「芯芽=ゴールデンティップ」です。
全茶葉の半量に迫るほど、贅沢に芯芽で構成されています。
この美しい茶葉から抽出されるのは、琥珀色の優美な茶液
甘く芳醇な香りがカップから立ち上り、飲む前から楽しませてくれます。
味わいに渋みはまったく無く、チョコレートやカラメルを思わせる魅惑的な甘味とコクが堪能できます。
また芯芽からくるモルティな風味も併せ持ち、芳醇な香気が部屋いっぱいに広がってゆきます。
少し勿体ない気もしますが、長蒸らしで濃厚に淹れた紅茶に軽くミルクを垂らせば、特別なミルクティも楽しめるでしょう
寒さも本格的になって来たこの冬にお勧めしたい、リラックス系紅茶です。

【一芯二葉Webショップ:http://issin-niyo.shop-pro.jp/?pid=166098353】


シャングリラ マスカテル
【Shangri-La Muscatel】

230117_シャングリラMusk_1_01.JPG
230117_シャングリラMusk_2_01.JPG
 一般的な強めの揉捻を加えて作るオーソドックス製法と違い、優しい揉捻を施した柔らかな茶葉がまず目に留まります。
こうすることで茶葉に傷が付きにくくなり、口当たり滑らか、フルーティなお茶に仕上がりやすくなります。
このロットもそういった仕上がりで、瑞々しくフルーティな味わいが楽しめます。
また秋摘みらしいほのかなコクもあり、飲み心地が抜群です。
香りは優雅に広がる花の様な香気のほか、余韻には艶やかなマスカットフレーバーが甘く香る、秋摘みとしては稀有な作品となっています。
このマスカットフレーバー、一般的にはチャイナ種と呼ばれる品種で引き出しやすい香りで、このロットで使われているクローナル種では余り出にくい香りなのですが、そのクローナル種でマスカットフレーバーを放つ紅茶を作り上げたのが最大の特長でしょう。
マスカットフレーバーと言えばダージリンが最も有名ですが、そのダージリンでもこの香りが出るのは年間生産量の僅か数%であり、また旬の夏摘み以外ではなかなか出せない香りでもあります。
それを秋摘みで引き出している、と言うのも驚きです。
長くなりましたが、マスカットフレーバー以外にも様々な香気成分を持っており、各々が複雑に絡み合い、このお茶に深みや奥行きを与えています。
これだけの味わい、香りを備えながらこの価格である事は、正直申し上げて破格だと思います。
ストレート向きの香り高い紅茶をお探しの全てのお客様にお勧めしたい、今一押しの逸品です

【一芯二葉Webショップ:http://issin-niyo.shop-pro.jp/?pid=166100222】
posted by 一芯二葉 at 17:53 | TrackBack(0) | 新茶入荷情報

2021年12月18日

一芯二葉 いろいろお茶の福袋

 年末年始恒例の「いろいろお茶の福袋」ですが、
12月19日(日)〜12月26日(日)まで、数量限定にて店頭で販売いたします。

一芯二葉”いろいろお茶の福袋”
10,800円(税込)

191213_福袋ポスター_1萬圓_web用.jpg

12月22日(水) 12時30分より、webショップにて予約受付致します。
【一芯二葉webショップ:http://issin-niyo.shop-pro.jp/】

今年の福袋もいろいろな紅茶がランダムで入っており、中身が少しずつ違います(偶然同じ場合もあります)。
一部ほうじ茶等、紅茶以外のお茶が入る場合がございます。
数量限定の為、年内営業中でも予定数量に達し次第完売になります

◆通販予約販売補足
クリックポスト不可、全てゆうぱっくにて発送いたします。
発送は12月28日以降を予定しております。
日時指定は1月1日以降で承ります
日時指定がない場合、年内に届く場合があります。
特別価格品の為、送料無料対象外です。
簡易包装でお送りいたします。
他商品との同梱不可。
もし店頭販売分が残った場合は、後日webショップにて追加販売いたします。

まだまだご自宅でお過ごしの時間が増えていると思います。
気分転換やリラックス、リフレッシュのティータイムをお楽しみ下さいませ。
posted by 一芯二葉 at 16:08 | TrackBack(0) | お店からのお知らせ

2021年12月17日

年末年始の営業につきまして

 気が付けば今年もあと半月を切ってしまいました。
昨年よりのコロナの影響もあり、喫茶のお休みが続いてしまい申し訳ございません。
来年には状況をみて、簡易的にでも再開できればと思っております。
また紅茶教室も、少人数で参加できるような企画を考えてみようと思っています。
今年の残りの営業も、精一杯おもてなしいたします。
ご来店お待ち申し上げます。

12月26日:年内最終営業日
12月27日〜1月11日:冬季休業
1月12日:通常営業再開


DSC_0543.JPG
posted by 一芯二葉 at 17:24 | TrackBack(0) | お店からのお知らせ

2021年08月30日

ネパール2ndフラッシュ 4種入荷しました

 ジュンチヤバリ茶園から届きました、新入荷のネパール2ndフラッシュのご案内です。
【一芯二葉webショップ:http://issin-niyo.shop-pro.jp/】

◆ネパール2ndフラッシュ ジュンチヤバリ茶園
ヒマラヤンロイヤルハンドクラフテッドティップス
Himalayan Royale Handcrafted Tips[HRHT]

2021_5_HRHT (1)_01.JPG
2021_5_HRHT (2)_01.JPG
HRHTはジュンチヤバリ茶園の代名詞でもある手揉み紅茶の製法を元とし、新製法で再現、洗練させた紅茶です。
HRHTは、春夏秋冬すべてのシーズンで作られる銘柄ですが、この夏摘みロットはフルーティで軽やかな飲み心地、アロマ感の強い華やかな香りが魅力。
秋冬のコクの強いHRHTは、マイルドでボディが強い反面飲む時の気分によってはやや重く感じることもありますが、夏摘みは強めに入れてもどしっとした重たさは出ず、すっきりライトに飲める良さがあります。
またその軽やかさとふわりと立ち上る花の香りに相性が良く、より華やかさが引き立ちます
本ロットもカップには旬のHRHTならではの芳しい花の様な香気成分で満ち溢れ、幾重にも重なった複雑な香りが堪能できます
またクローナル種で作られるこの紅茶は、花の香りに加え瑞々しい果実香と果実味とも相まって、高貴な印象と気品が漂う艶やかな作品に仕上がっています。
ジュンチヤバリ茶園では、他国から取り入れた様々な製茶技術を独自に昇華し、数多くの銘柄のお茶を作っています。
その中でも一部の稀少ロットを除き最高品質に位置するのがこのHRHT。
その味わいと香りは、”これぞジュンチヤバリ”と思える王道を行く逸品です。

【一芯二葉webショップ販売ページ:http://issin-niyo.shop-pro.jp/?pid=162932953】

◆ネパール2ndフラッシュ ジュンチヤバリ茶園
ヒマラヤンブーケ
Himalayan Bouquet【HBO】

2021_5_HBO (1)_01.JPG
2021_5_HBO (2)_01.JPG
ヒマラヤン・ブーケは芳しい花の萎凋香を携えた、フラワリーな香気で満ち溢れる逸品。
やや浅めの発酵を施したすっきりとした飲み心地で、果実味に富んだフルーティな味わいが魅力の可憐なお姫様の様な紅茶です。
HRHTやHSP(ヒマラヤンスプリング)等、他にも花の様な香りを放つ銘柄はありますが、上記した浅めの発酵や萎凋(葉を萎れさせつつ香気成分を引き出す工程)具合により、特に花束の様な鮮やかな香りが広がってゆくのがこのHBOだと思います。
また乾燥のタイミングで焙煎を掛けることにより、甘味とふくよかさを強める部分も特徴的。
焙煎と言ってもほうじ茶の様な露骨さはなく、”ほんのり香ばしい風味”程度に留まっています。
個人的には香りに関してよりも、お茶の甘味が強まり、その華やかな香りと相まって余韻を強め印象的にしてくれる所が魅力的ですね。
この”焙煎”の部分をどう引き出すかでこの紅茶の楽しみ方が変わってきます。
基本的に紅茶は100℃の熱湯で淹れることがお勧めですが、このヒマラヤン・ブーケに関しては、少し温度を落とした熱湯で淹れることで違った表情を見せてくれます。
例えば100℃では甘味が強くキレのある飲み心地で、重厚感のある花の香りと焙煎の香りが楽しめ、95℃では焙煎香は控えめになり、ふわりと広がる花の香りが甘く香るフルーティな紅茶に入ります。
そしてもう一つのお勧めとして、”水出し抽出”があります。
水出しすることで焙煎の風味は一切なくなり、その美しい花の香りだけが抽出されます
また味に関しても渋みや香ばしさが無くなり、一切の曇りの無いフルーティな味わいになります。
よく「高価な紅茶だから水出しするのは勿体ない」と言われることがありますが、熱湯で淹れるのとキャラクタが変わるだけでどちらが上という事はありません。
むしろ高価な紅茶だからこそ水出しにした時に、驚くような入り方をします。
このHBOは特に水出し抽出でも魅力を発揮する紅茶で、その際立つ香りを是非楽しんでいただけたらと思います。
きっとその名に冠するフラワーブーケを思わせる華々しさでティータイムを彩ってくれるでしょう。

【一芯二葉webショップ販売ページ:http://issin-niyo.shop-pro.jp/?pid=162937945】

◆ネパール2ndフラッシュ ジュンチヤバリ茶園
ヒマラヤンロイヤルルビー
Himalayan Royale Ruby[HRR]

2021_5_HRR (1)_01.JPG
2021_5_HRR (2)_01.JPG
ヒマラヤンロイヤルルビーは、台湾品種と日本品種を使用したジュンチヤバリ茶園独自の世界的にも珍しいネパールティ。
両国の特長を併せ持った稀有な作品で、日本品種からはほのかに青い風味を感じる爽やかさと、台湾品種からは烏龍茶の様な艶やかな口当たりと優しく甘い花の香りが堪能できます。
この紅茶が生まれたのは、2013年のこと。
当時は今以上に台湾品種、日本品種の育った茶樹がないこともありほんの数百グラムという超々ミニマムロット
この年にローチャンをお招きして一芯二葉でお茶会を開いたのですが、その際特別に数十グラムだけサンプルとしてお持ち下さいました。
当時のHRRは近年のHRRとキャラクタがやや異なり、重発酵且つやや強めの焙煎を施した紅茶で、飲み応えの強い重厚な飲み口と厚みのある甘い花の香りの紅茶でした。
その後様々な試行錯誤を経て、よりフルーティで艶のある紅茶へと昇華してゆきました。
2021年現在でもより良い紅茶にすべく使用品種や製茶方法など研究を重ねており、ロットごとのキャラクタの違いも面白い銘柄です。
本ロットについてですが、両品種ともに渋みがなく艶のあるフル―ティな飲み口
この辺りは台湾の製茶方法である”茶葉に傷を付けない揉捻”が利いています。
発酵度は中程度で、春摘みの様な明確な青味はありませんが、緑茶用に品種改良された日本品種特有の青い”風味”がほのかにあり、軽やか且つ爽やか
また台湾品種からは、余韻に烏龍茶が放つような甘い香りとどことなくチョコっぽさのある香りがスーッと伸びやかに広がってゆきます。
ロイヤルルビーが産みだされて7年の月日が経ちますが、今でも生産量が極めて少なく、この作品もフルロットで1kgのみで、今回はその全量を譲っていただきました。
どうしても高価なお茶になってしまうのですが、その特別な味わいをご堪能いただけますと幸甚です。

【一芯二葉webショップ販売ページ:http://issin-niyo.shop-pro.jp/?pid=162941389】

◆ネパール2ndフラッシュ ジュンチヤバリ茶園
ヒマラヤンインペリアルブラック
Himalayan Imperial Black[HIB]

2021_5_HIB (1)_01.JPG
2021_5_HIB (2)_01.JPG
インペリアルブラック(HIB)は、台湾は花蓮縣の蜜香紅茶を元にして作り始めた紅茶
作られ始めた頃はやや粗さを感じる紅茶でしたが、だんだんと洗練され途中には元である蜜香紅茶と見紛う様な作品になり、そこからジュンチヤバリ茶園独自の物へと更に研究を続けます。
そして近年のHIBは、とろりとした蜜の様な味わいの茶葉に強い焙煎を施し、花の様な香りだけでなく、ビターチョコの様な風味を持たせる様になりました。
元々は秋シーズンだけ作られていた銘柄なのですが、数年前より春や夏にも作られるようになり、各々の季節らしいキャラクタを持った紅茶になっています。
春は旨味が強く、秋はコクが強く、そして今回入荷した夏摘みはHRHTなどと同じく軽やかでアロマ感に秀でています。
本ロットは比較的焙煎は控えめで、心地よい香ばしさはあるもののほろ苦さは少なく、柔らかなコクと瑞々しい甘味が相まって非常にマイルドな味わい
ほのかにベリー系のキャラクタも備えており、蜜っぽい甘味とチョコ感と混ざり合うことでブランデーの様な滑らかで芳醇な風味を思わせます。
飲み応えの強さ、甘味、コクからミルクティ向けとしご紹介することも多い銘柄ですが、夏摘みはそのアロマ感を楽しんで貰いたく、特にストレートでもお勧めしたい逸品に仕上がっております。
ケーキ等の洋菓子はもちろん、意外とあんこ系のお菓子と合わせても面白いでしょう。
もちろん重厚なボディはミルクティも格別で、アッサムやルフナとも違った魅惑的な味わいに心満たされるでしょう。

【一芯二葉webショップ販売ページ:http://issin-niyo.shop-pro.jp/?pid=162939430】
posted by 一芯二葉 at 17:50 | TrackBack(0) | 新茶入荷情報

2021年07月22日

夏季休業のお知らせ

 下記の日程につきまして、夏季休業を頂戴致します。
お客様にはご迷惑おかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

8月2日(月)〜8月17日(火):夏季休業181108_ジュンチヤバリ茶畑.jpg
posted by 一芯二葉 at 16:56 | TrackBack(0) | お店からのお知らせ

2021年07月09日

臨時休業につきまして

 少々急なご案内になりますが、7月12日(月)に臨時休業を頂戴致します。
お客様にはご迷惑おかけいたしますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。

7月12日(月):臨時休業
DSC_0004.JPG
posted by 一芯二葉 at 17:22 | TrackBack(0) | お店からのお知らせ